歯列矯正2>インビザラインにかかる費用

歯列矯正歯科において、最近最も注目されている、
目に見えない歯列矯正治療「インビザライン」。

ワイヤーを使わない矯正治療方法で、
患者さん一人ひとりの治療計画に基づいて、オーダーメイドで矯正治療装置を作ります。

オーダーメイドで作る・・・ということは、かなり費用も高額なのでしょうか?

気になるインビザラインの費用について調べてみました。

治療前の歯列の状態、治療期間などによって個人差がありますが、
一般的には80万円から110万円ほどかかるのだそうです。

やはり高額な費用がかかるのですね。

インビザラインは、アライナーという装置を2週間おきに交換する必要があります。

ですから、交換の度に歯医者さんへ通わなければいけませんから、通う度に費用がかかります。

また、取り外しが可能な装置ですから、患者さんの事情で外している時間が長くなれば長くなるだけ、
治療の期間も長くなってしまいますから、費用も膨れ上がってきます。

インビザラインは、目立ちませんし、取り外しもできてメリットの多い歯列矯正法であり、
最近注目を集めているのですが、治療にもそして治療以外のものにも様々な費用がかさむ歯列矯正法のようです。

やはり、歯列矯正にはお金が必要です。

歯列矯正2

トップページ
「インプラント矯正」とは?
インプラント矯正にかかる費用
インプラント矯正で出っ歯が治る!
インビザラインにもデメリットがある
インビザラインにかかる費用
「ガミースマイル」とは?
ガミースマイルの手術効果は半永久的
ガミースマイルのボトックス治療
おしゃぶりと出っ歯の関係
おしゃぶりと歯並びの関係
ガミースマイルの矯正手術
ガミースマイルのコンプレックスを解消しよう!
クリアアライナーとインビザライン
クリアアライナー矯正にかかる費用
「クイック矯正」のデメリットとは
「ダイレクトボンディング」
噛み合せ矯正にはマウスピース
ダイレクトボンディング法とは
マウスピース矯正にかかる費用
マウスピースで出っ歯の治療をしよう
マルチブラケットとは
現在最新の歯の矯正法とは
マルチブラケット法とは
入れ歯のズレにはミニインプラント
ミニインプラントの矯正方法とは
ミニインプラントにかかる費用
ミニインプラントのデメリット
リテーナーとは
リテーナーの装着期間
リンガルブラケットとは

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system